• 未分類

    なぜ、ネットで成功できるのか?前編

    ■商売・ビジネスとは何でしょうか?

    商売の3原則 として

    ・欲しいものを
    ・欲しいと思う人に
    ・欲しいタイミングで紹介してあげる

    そして、その感謝の気持ちの一部が報酬として

    あなたが手にできることですね。

    自分と向かい合い、未来の読者さん・お客さんと向かい合い、

    まずは、人の心に徹底的に想いを寄せることが大切です。

     

    ■インターネット時代にあったビジネススタイルとは・・・?

    インターネットは、すぐにライバルと比較できるツールです。

    それゆえ、スペック・価格だけの勝負になりがちです。

    しかし、本当に大切なことは、相手の想いであり、それに自分がどう応えるかですね。

    本当に、信頼ベースで読者さん・お客さんと関係が作れていれば、

    比較され浮気される心配はありません。

    まさしく、

    「ライバルとの競争の時代から読者さんとの恋愛の時代」!!

     

    ここで、注意する点は、

    
    【徹底的に相手に想いを寄せること】と

    【勝手な思い込み】は違うということ。

     

    勝手な思い込みを防ぐには、相手に聴くことが一番であり、

    フィードバックをもらうことは、あなたがビジネスを進める上で、

    精神衛生の面でも大切です。

     

    読者さんへ徹底的に想いを寄せて(T・T・O)いきましょう!

     

    ■【読者さんの4原則】を前提に頭をフル回転させることが大切

     

    ① 読者さんは読もとうと思わない・聞こうと思わない

    → どうすれば読んでくれるのか?

    わかりやすさ・メッセージ・キャッチコピーなどに魅かれるか?
    読者さんのメリット・ベネフィットをしっかりと見えるところに掲載しているか?

     

    ② 読者さんは理解しようと思わない

    →どうすれば理解してくれるのか?

    メッセージの明快さ、簡潔に表現するにはどうすればいいか?
    メッセージを理解することに緊急性を持たせるためにはどんな工夫ができるか?

     

    ③ 読者さんは手放しで信じようとは思わない

    →どうすれば信じてくれるのか?

    読者さんとのラポール(信頼関係)が築けているか?

    人間関係=印象 × 接触回数 と言えます。

    あなたに共感を寄せる文章、 実績や証拠の提示、あらゆる工夫を考え、

    見てもらって、何度もあなたに触れる機会を増やす工夫も重要ですね。

     

    ④ 読者さんはすぐに決断しようとは思わない

    →どうすれば決断してくれるのか?

    読者さんの利益を考えて、今が行動のタイミングであると教えてあげることや、

    行動の キッカケをプレゼントする、背中を押してあげるなど、考えることが大切です。

    欲しい人に、欲しいものを、欲しいと思っているタイミングで紹介しましょう!【商売の3原則】

     

     

    【読者さんの4原則】を忘れないで、読者さんの心に徹底的に想いを寄せて考ましょう!